PTX144.BMP







羅のコンサルティングは、大きく二つの領域があります。



1,ハビタット戦略

2,ITビジネスコンサルティング




LIN_060.GIF





■ ハビタット戦略 ■





ハビタットとは、生命維持領域を意味します。


ハビタット戦略は、弊社インライツの独自の表現であります。


仔細は長くなるため割愛します。

初めて聞く言葉と思う方も多いと思われます。解りやすくする為に具体的な例でお話ししましょう。


「自分の店舗の近隣に大型店舗が出店した。」こうした時の対処方法を提案するのが、羅のコンサルティングであります。


人間社会で競争が行われれば、様々な要因で差が生じます。
そして、1位がいれば、最後尾も生まれます。

1位の優位性は確かに存在します。
しかし、物理的に1位になれないということも、人間界にはあります。

そこで、1位になる戦略ではなく、負けない戦略にする重要性を扱うのがハビタット戦略の一つになります。

自然界には、これを裏付けるものが沢山あります。自然の摂理から学ぶ戦略がハビタット戦略になります。


 ● ハビタット戦略概要 ●



  • 戦わず共生する判断が必要な時がある
  • 独自性のもので競争力を持つ
  • 企業の特質にあった地の利を選択する
  • シナジー効果を生む他社とジョイントする
  • 環境変化に適用、進化する



 1位やシェア拡大などで勝ちに行くのでは無く、敗北しない戦い。
小が大と競うときは、引き分けでも勝ちと考える。そうした競い方も人間界では重要な術になります。

他方、「桃李、ものいはざれども、下おのづから蹊を成す」の言葉通り、ナンバーワンでは無く、オンリーワンの戦略で、競争力を高める術があります。
それは、時として地の利のデメリットを凌駕するという発想も出てまいります。

業種職種を問わず、シェア1位、売上1位になる事に優ることはありません。
しかし、全ての人、企業が1位に成れない現実を観たとき、近隣にライバル店が出店する度に、移転するのではいけません。

したがって、負けない戦いも重要なのです。

規模が小さくても、100年以上続く老舗は、時代の変化の中でもハビタットを得てきたという証しなのです。

戦わず、共生を選択する。または、環境変化に自在変容することで、己を進化させ適応する。 そうした戦略も、重要な決断であります。

羅のコンサルティングは、業務ドメイン策定と、その分析のコンサルティングであります。





LIN_060.GIF





■ ITビジネスコンサルティング ■



ITビジネスは、インターネットの時代に避けて通ることのできないツールで有ります。


IT技術の進歩により、弱点を強味に変える事もできます。
eビジネスに関してコンサルティングを行うのも、羅のコンサルティング領域になります。













bind_free146.jpg








LIN_128.GIF



【業務ドメイン】
= ハビタット戦略、ITビジネス戦略 =


  • ハビタット戦略企画及び施策
  • ITビジネス・コンサルティング






PTX144.BMP