AX

Unconventional systems we propose bring joy and spiritual nourishment for people, and makes it concrete to “be happy to have been born.” That’s our joy. We call it ENLIGHTSSHIP.

情報革命の真髄

曹操や成吉思汗、上杉謙信、徳川家康、坂本龍馬等の歴史上の人物が自らの戦略をプレゼンしたら・・・。



私(弊社代表)が、ある起業家向けの雑誌のインタビュー記事を観て彼を初めて知りました。私が二十歳の頃です。まだ、その人が今ほど有名で無いころの話しです。

凄い人が世の中にいると感じたことを、今も鮮明に覚えております。

私は、19歳の時に、本田宗一郎という御仁の生き様の本を読みました。
自分も大勢の人達の「親父(オヤジ)」になりたい。そう思った頃の直ぐ後でした。その為、この人は凄い人になると、心を熱くして、その人物の記事を読みました。

結果的には、私の想像の遙か上の進化を遂げられています。

その記事から数年が経ち、その人と、パソナグループ創業者の南部靖之氏が作った起業家倶楽部に入会したのが、今の始まりです。

その人と、会うことも会おうとも思いませんが、その人は私のことを一切知らず。それでも私は随分前から知っています。現代に生きる面白味がございます。
これからも、その人は私のことは知らないでしょう。


その人とは、孫正義氏であります。

孫氏を、諸手を挙げて奨励しようとは思いませんが、日本史に残る実業家で有ることは間違いないと感じております。

その人物が、隔てなく無料配信で、自らが語る、人生哲学や、企業戦略、これこそが、情報革命の初歩の段階の真髄と思います。
会わなければ聞けない話、会っても聞けない話。それを自分の都合で相手の考えを聞ける。

情報革命の凄さを感じます。




孫氏が話す、孫の二乗の兵法は、リーダを目指すべき者、だれでもが知って、決して損の無い見識と思います。


そして、私が一つ思うことは、この25文字の中で、24文字は、リーダを目指す人に必要な文字ですが、

ただ、一つだけ天下取り、換言すれば帝王学に必須の文字が含まれています。

皆様はどう感じますでしょうか。

sonshi.gif



私が思う一字とは、最後の文字 「海」であります。
この「海」に含まれる意味の実践こそ、歴史上観ても、天が天運を授ける者の共通の資質と感じております。

諸葛孔明や石田三成等々、頭が良いだけでは天下は取れない、徳が必要と思う点も、この1文字に集約されていると思います。

そして、最初の文字、「道」を理念を表す文字で無く、「タオ」という意味を、非公開で持ち合わせているとしたら。

最初の字の「道」が宇宙の森羅万象を表し、最後の字の「海」が地球を表し。
孫氏の意志決定の全てが宇宙から地球を俯瞰しているとしたら。

孫正義氏が常人のスケールでは測れない存在と感じています。


彼は、ほら吹きと評価されること多く、私も多々耳にしています。
学識優秀な人達から観れば、身の丈以上のビジョンは、いつの時代も、ほら吹きにみえる。堅実な人から見れば、これはやむを得ない事と思います。

しかし、そのほら吹きの人達の、形無き強い願望によって、文明は、進化発展してきている。それが、この世の事実と思うのは、私だけでしょうか。

ヴィトゲンシュタインは、論理哲学論考なかで、世界は論理的空間における事実の総和であると言います。
現時点から過去を観れば、そう見えて正論かも知れません。

しかし、不確実な未来を創造するのは、常人がほら吹きと感じる大義ある宿望。それから始まると感じます。


そして、彼は、この国で幼少の頃より、様々な過酷な苦労を見聞きしていると思います。
彼自身、日本人から石をぶつけられた経験が有るとのこと。

その彼が、今や日本人含め、情報革命で人を幸せにと唱えます。
苦労した境遇を悲観し、横道に逸れる人間と何が違うのか、この違いこそ「義」の有無であり、孫家の先祖代々から面々と積んできた「徳」の成せる業であります。

決して貨幣交換できない、この感覚を多くの子供達が養って欲しいと願っています。

情報革命を堪能してみてはいかがでしょうか。歴史に残る人物が直に語るプレゼンを、是非どうぞ。

© ソフトバンクアカデミア開校式 戦略特別講義より

「孫の二乗の兵法」

2010年7月28日

  約2時間16分

孫正義氏 生い立ちを語る。


この映像を見てから、孫の二乗の兵法を改めてご覧になると、感じ方がまた変わるでしょうか。

艱難汝を玉にす。しかし、玉になるだけで無く、光をも放つようになる。そう思います。

我々は、仕事柄、お辞儀の仕方を見るだけで、心の有る人物か否かが解ります。

最後の孫氏のお辞儀をみて、ほら吹き、ペテン師と言われる人と思うか、思わないかは、見る人次第です。

2010年6月25日