TOP | 商人道義塾 運営者

商人道義塾

Limited Partnership ENLIGHTS & Co.  創立21周年記念事業 

商人道義塾の利用は原則無料ですが、 Cookie(クッキー)の使用許諾を含めた、ご利用条件LinkIconがございます、必ず最初に御確認ください
 
 
↓ サイト内検索 ↓
  
 
 
 

商人道義塾 運営者

  
 
 
 

GREETING

塾主 ごあいさつ

商人道義塾
2020年1月22日開校
 
 

ごあいさつ

 
商人道義塾にお越し頂き誠にありがとうございます。
私の顔を表示させたり、素性を明かすことの方が信頼性も上げり、アクセスも増え、皆様が安心してご利用頂けることは承知しております。
 
しかしながら、当面は控えさせて頂きます。
なぜなら、先ずは私が記載したものや、講義内容だけで、私が信用できる人間かを、受講される皆様に判断して頂きたいのです。
それが、商人へのトレーニングの一つでもあるからです。
 
 
肉眼観察しかできず、唯物的な思考を優先する人には、当塾の内容は不向きです。
 
心眼観察ができる人が塾生としてお集まり頂いた頃、時期をみて私のことを記載致します。
それまで、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

塾主
山口 善義
 
ごあいさつ

 

OPERATION POLICY

運営方針
運営方針
 

 
当ウェブサイトは、原則無料での公開を想定しておりますが、利用条件にご同意頂く必要がございます。
詳しくは、こちらのページを必ずご確認ください。>>>
 
 
尚、Webサイトでは公開ができないものに関しては、ご希望者を塾生として集い別途有料で行う予定です。
 
塾生は、個人を対象とします。
個人を対象とするため、リーズナブルな授業料で公開したいと考えています。
 
そして将来、塾生の中から、塾主が伝えたいノウハウと感覚を理解したと思われる方々を「商人道会会員」として招き、より高度なものを伝える会を創る予定です。
 
 
 
 
 
 
 プライバシーポリシーに関しては
こちらをご確認ください。

 
 
 
 

GOLD CRANE

商人道義塾 塾章
 
 
gold crane
 

 
 

商人道義塾 塾章

名称をGOLD CRANE(ゴールド・クレイン)と呼びます。
 
 

塾章由来 

 

1.

長寿を象徴する吉祥の鳥である鶴を象り、永続して商売繁盛ができるよう願いを込めています。 

2.

鶴の頭上にある九つの丸は、陰陽のバランスを意味し、自然の摂理に抗うことなく、すべての人が自性を全うできるよう願いを込めています。 

3.

陽気を発散することが意識的にできるようになった人は、その土地、その空間を陽に変えられ、世の中の暗闇を照らす発光体になれる。商人とは照人(しょうにん)でもあるとの思いからゴールドがイメージカラーになっています。 

4.

商人道義塾の設立動機になった小嶋刀自の名前も鶴であり、また塾主の人格形成に影響を与えた祖父三郎の雅号が白い鳥を表していることも塾章を作る上での要素になっています。 

 
 
上記、非科学的な表現がありますが、商人道義塾は、いかなる思想及び団体の影響を受けるものではありません。
弊社Limited Partnership ENLIGHTS & Co.は、創業以来、「中庸※1」を最重要な社是にしております。
 
重ねて理念や条理等を語りますが、当塾は宗教的活動とは一線を画しています。そのため、可視化できないものを隠喩、換喩等の手法を使い、物販を行うことはありません。また、すべての人の自性を尊重するため、強制するような行為も行っていません。
 
志ある人が、誰でも気兼ねなく自由に学べる。これこそが、大事なことだと考えています。
 
 
 
 

※1 中庸(ちゅうよう):偏ることなく常に変わらず、公正であり、過不足なくバランスがとれている状態を言う

 

 
 
 
 

COMPANY

運営会社
 
 
 
  
社名: Limited Partnership ENLIGHTS & Co.
 
リミテッド・パートナーシップ・インライツ
 
1999年4月創業
 


新型コロナウイルスの長期化の影響で、現在オフィスを閉鎖しております。当社は、情報商材を取り扱う会社であるため、オフィスの必要性が低いこと、この機に改めて判明しました。常日頃、クライアント企業に対し、ROIに合わないことは、一切すべきではないと進言しています。なぜなら、1円たりともあぶく銭は、この世にはなく、全て関係者の労役から生まれたものだからです。コストを無駄にすることは、従業員を粗末にしていることと同じです。人を粗末にする組織に繁栄継続はありません。これが、当社の経験的結論であります。
ウィズ・コロナ時代にあわせ現在、当社自ら実験中でございます。 開設時期は、現在検討中であります。 ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、従来通り御依頼は、当社担当者へ直接御用命ください。 
 

 
 
 
 
◆ サービス提供エリア ◆
 
首都圏中心に活動

 
 
ナショナルブランドの企業様の場合は、国内外を問わず御依頼の遠地に伺うことも、多くございます。
 
【備考】
旅費交通費の御請求に関し、当社には厳格な規定があります。(2022年 現在)
 

宿泊費(国内)

当社の代表(塾主)を含み、一人1泊上限13,000円(税別)以下。1,000円単位で利用費を御請求させて頂いております。(宿泊費の上限を超えた部分費は当社負担となります)

尚、遠方での実施は、リスクヘッジのため原則前泊をさせて頂いております。

交通費

原則実費を御請求させて頂いております。手配手数料は頂きません。

尚、通常交通費以外の、ファースト・ビジネスクラス、グリーン車等の特別料金は、原則当社負担になります。

タクシー利用費は、依頼者様へ事前承認を頂き利用します。(承認なしタクシー利用は、原則当社負担となります)

航空機利用時等は原則、JTBの当社専任者よりパッケージングプランを利用します。この際、実費と比較し安価な方を、御請求させて頂いております。

 
 
 

 
 
  
◆ 取 引 銀 行 ◆
 
三菱UFJ銀行 本店 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆ 取 引 実 績 ◆
 

〈以下、順不同〉

      •  小売業
      •  外食業
      •  宿泊業
      •  IT関連業
      •  金融系業
      •  食品卸業
      •  ペット販売業
      •  動物病院
      •  リペア業
      •  教育関連業
etc.
 
当社、セールスポリシーにより御取引企業名は、完全非公開とさせて頂いております。
当社は創業以来、実績を尋ねられた際は、必ず無いと答えております。仮に職種が同じでも、組織が違えば実施方法も違います。過去の成功実績など意味がない。この考えが、絶えずございます。また、コンサルティング業務は助言はできても、強制はできません。したがって当社の提案を受け入れ、ご成功されたということは、ひとえに依頼者様の努力によるところであり、当社の実績ではありません。今後も、この考えに基づき御依頼を承けたまる所存です。
 
 
 
 
 
 
◆ 沿  革 ◆
  
前身 1996年頃

日本インキュベーションセンター(JIC)主催アントレプレナーズ倶楽部入会。渋澤栄一翁の御子孫や、現在も交流が有る大義を有した方々と接し、起業を志す。

倶楽部入会初日、阪神淡路大震災の復興のために神戸ハーバー・サーカス開発の陣頭にいた小出氏が、偶然にも常任幹事の干場氏のピンチヒッターとして東京に来たる。「起業で最初に大事なことは、金でも人でも無い。世の中のためになるかどうかだ。正しい志があれば、人も金も後からいくらでもついてくる。心配はいらない」、当社創業者が初日に言われ感銘した小出氏の言葉を、今も正しいと存じ営んでいる。

---------------------------------

■入会審査企画:「学習効果向上学習室」

脳内血流向上でIQも上がることから、脳内環境に着目し、集中力強化、記憶力強化を促す学習室の起業企画(空気、音、光、香、四要素の働きを利用した学習室)

CONCEPT:勉強ができる脳は、俗にいう頭が良いのではなく、集中力維持と、記憶習慣があるだけ。この事実から、意図的に学習向けに整えた空間創造を企画しました。

---------------------------------

■在籍企画:「次世代型フィットネスクラブ」

持久力UP、標準体重維持のみに特化した完全個室型スポーツジム及びメンタルケアを主にした都会型人工温泉施設の企画立案

CONCEPT:必要以上の筋力トレーニングは、活性酸素を増やし逆に健康を害する。このことを踏まえ、ビジネスマンに必要なものだけに特化した都会型の施設が必要になる時代がくると考え企画しました。

---------------------------------

上記共に、投資家が現れず、成就せずに終わる。

1998年後期

当社創業者個人で活動開始。

日本国内の個人投資家育成には、米国メリルリンチ証券会社の伝統的販売手法が必要であるとの判断から、米国メリルリンチ証券の日本法人設立時に、当該法人に対して個人投資家啓蒙活動用のアプリケーションソフト開発提案を行う。

(旧日系証券会社の担当者に意義が通じず失敗する。数年後、当社提案の妥当性と必要性が米国人経営者に認められるが、機を逸していたため成就せず終了する。この経験が、その後の当社の営業スタイルを一変させる経緯となる)

1999年04月 創業

ITビジネスモデル企画会社として埼玉県で創業、法人登記する。

前項の啓蒙活動と並行し外資系PCメーカと当社協業によるローンチを目指し次世代型マーケットプレイスを企画提案を開始する。

2000年10月 

東京都中央区新富1丁目松本ビルに、オフィスを移転する。

2000年10月 

CSソリューションセンターを新設し、サービス・ホスピタリティ専門コンサルティング業務を開始する。

2001年10月 

商品名「イデア・リサーチ」としてサービス業向けインライツ式覆面調査・分析及び業務改善提案業務を開始する。⇒その後、調査分析だけではなく、具体的改善方法指導等、調査分析後の処方が重要との観点が生じ「イデア・ドクター」というプログラムを開発する。

2003年08月 

東京都千代田区丸の内1丁目AIGビルに、オフィスを移転する。

2007年01月

東京都千代田区大手町1丁目東京サンケイビルにオフィスを移転する。

2011年04月

当社創業者(塾主)が、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に際し、街ゆく被災者の方々を地べたに敷いた段ボールに座りながら眺め、改めて自らの有り様を省みる。これにより表面的なコミュニケーション術のコンサルティングではなく、本質的なコンサルティングが必要な時代になるという考えに至る。これを機に、サービス・ホスピタリティ専門コンサルティング業務から、人事、組織戦略の総合的なコンサルティング業務へ業務転換する。これに伴い、事業名をサービス・ホスピタリティ専門コンサルティングから、九常の理コンサルティング・サービスに変更し、商材及び独自ノウハウを、九つの字にあてはめて行う業務に転換する。

九つの字とは、「仁義礼智信」の五常に「健羅観印」四字を加え九つの字にしたものである。これを「九常の理」と名づける。

2018年06月

ITビジネスモデル企画業務をビジネス モデル プランニング & セールス サポート事業へ業務転換する。

------------------------------------

人事、組織戦略の総合的なコンサルティングから、実践的な行動方法をデザインする実務コミュニケーション デザインに業務転換する。これに伴い、言葉の意味が難しいと指摘を受けていた九常の理コンサルティング・サービスの名称を、実務コミュニケーション デザインに変更する。

2020年02月

商人道義塾開校

------------------------------------

実践的な行動方法をデザインする実務コミュニケーション デザインから、より効果的な動き方に加え、マーケティング・ブランディング企画も同時に行う、STCMデザイン(戦略的コミュニケーションデザイン)に業務転換する。

2020年 

オフィス閉鎖 現在オフィスなし実験、継続中。

 

 

    • 2022年現在、2ヶ月以内で新オフィス開設可能な準備は整っています。
    • クライアントの御要望やプロジェクトの状況に応じ、随時オフィス開設の判断を致します。但し、開設不要と思われる状況下では、現況を続ける予定でおります。
    • オフィス候補予定地は、東京駅付近、品川駅付近、横浜駅、大宮駅付近であります。
    • 尚、候補予定地は、状況により変わります。

 

 
 
 
 
 
◆ 社名由来 ◆
 
ENLIGHTS(インライツ)とは、啓蒙という言葉Enlightenment.が元となり、 我が身を灯りにして暗闇を明るくする者達という意味をこめ、社名に致しました。
 
 
 
◆ 業務内容 ◆
 
Strategic Communication Design.
 
戦略的コミュニケーション デザイン業務
 
 

Business Model Planning & Sales Support.
 
ビジネスモデル企画及びセールスサポート業務
 
 
 
 
 業務案内ページは、パソコン閲覧用です。 スマートフォン等では正しく表示されないことがあります。 現在、新デザインサイト構築を検討しております。 今しばらくご不便をおかけしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
 
 
 

 

 

◆ 弊社セールスポリシー  ◆
 
至誠而不動者未之有也
 (至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざるなり)
 
弊社はすべての取引において、 公平無私を 念頭におきつつ御対応しております。
 
 
 
きれい事だけでは競争に勝てないという人有り、 されど、きれい事無くして繁栄継続には至らない。 これが私どもインライツが、経験的に得た結論であります。
 
 

CSR ACTIVITIES

塾主主体による社会貢献活動
開設12年目に向け、大規模リニューアル計画中  
 

福島復興応援集結サイト

 

  Webサイトながら 福島県流通課 「がんばろう ふくしま!」応援店   発足時に正式登録されております。
 
福島復興応援集結サイト
 
 
励ましの言葉、慰めの言葉だけではなく、掛け合う言葉は、次の段階へ。

それは決して大事な人、大事な物を忘れることではない。

喜び勇んで生き抜く中に、本当の鎮魂があると信じて、全ての人と共にいざ前へ!